おやまぼくち 山野の日当たりのよい場所に生える多年草。草丈は1m〜1.5mを超えることも。草本としては結構な大物で、つける頭花も迫力があります。全体にアザミ属に似た印象もありますが、葉にトゲはありません。茎は上部でよく枝分かれします。根は漬け物にするなどして食べられる。山菜として「ヤマゴボウ」と称される。語源は、茸毛(葉の裏に生える繊維)が火起こし時の火口(ほくち)として用いられたことから。
雄山火口
科 目 キク科
花 期 9月から10月頃

横山岳 撮影日:2007.10.06

青葉山 撮影日:2010.11.04

尾瀬ヶ原 撮影日:2008.10.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草