山聲-TOP
山の彩り-山野草
まんねんすぎ 沖縄を除く日本全土に分布し、やや湿った林の中に生育する多年草。茎は主軸と側枝があり、主軸は地中を匍匐し、側枝はまばらに地上に直立し、樹木状に分岐する。全体を上から見ると円形に広がる。葉は質がやや硬く、線形、鋭頭、全縁でスギの葉に似た細い葉を密生する。胞子嚢穂は柄がなく、長さ1〜6pで、小枝の先に1個つく。胞子嚢穂がない冬は、特にスギの若木とよく似ている。名の由来は、常緑で杉に似ていることから。
万年杉
科 目 ヒカゲノカズラ科
花 期 9月から11月頃

水谷岳、撮影日:2007.11.15