かんすげ 本州の中部太平洋側から九州に分布し、山間の谷間や水辺生育する多年草。多数の根出葉をやや斜め上に伸ばす。花穂は、1つの株から多数が出る。穂は葉より高くは伸びず、葉の間から姿を見せる。先端には褐色で細長い紡錘形の雄小穂がつく。それより下の花茎からは数個の雌小穂が出る。雌小穂は、黄色っぽく、あるいは白っぽく見える。穂全体としては、刺々した感じになる。名の由来は、幅広くやや厚みのある固い葉で、常緑性で冬も葉をつけていることから。
寒 菅
科 目 カヤツリグサ科
花 期 4月から5月頃

霊仙-谷山、撮影日:2009.04.18

山聲-TOP
山の彩り-山野草