つくばねそう 日本全国に分布し、山地の林内や林縁に生育する多年草。根茎は細く、茎の高さは15〜40cmになる。葉は4個が輪生し、葉身は長楕円形で、先端はとがり葉柄はなく、縁は全縁になる。茎の先端に1個の淡黄緑色の花を上向きにつける。外花被片は披針形で、緑色の萼状、内花被片はない。雄蕊は8個あり、花糸は長く、葯は線形で葯隔は葯から突出しない。花柱は4個に分枝する。名の由来は、秋に羽根突きの羽子(はご)に似た実が黒紫色に熟すことから。
衝羽根草
科 目 ユリ科
花 期 5月から8月頃

奥伊吹、撮影日:2009.06.03

山聲-TOP
山の彩り-山野草