センリョウ 南関東から沖縄までに分布し、比較的暖かい常緑樹林下に自生している常緑低木。冬に赤い果実をつけ美しいので栽培される。高さは50〜100cm。葉は対生。花は、黄緑色で、茎の先に穂状花序をつくる。花には花被がなく、花軸に緑色の雌しべが付き、その側面に薄緑色の雄しべが直接出る変わった姿でをしている。果実は液果で10月頃から赤く熟し、翌年2月頃まで見られる。名前がめでたいということから正月の縁起物とされる。俳句の季語は冬。
千両/仙蓼
科 目 センリョウ科
花 期 7月から8月頃

青龍山、撮影日:2009.12.25

山聲-TOP
山の彩り-山野草