おもと 関東地方から沖縄に分布し、山地に自生状態で生育し、観葉植物としても栽培される常緑多年草。革質の分厚い針のような形の葉が根元から生え、40cmほどの大きさに育つ。花期に、葉の間から花茎を伸ばし、淡い黄緑の花を円筒状に密生させる。晩秋につく実は、赤く艶のある液果で、鳥が好む。有肺類により花粉が媒介される(蝸牛媒花)という特殊な生態を持つ。赤い実と緑の葉の対照が愛され、観賞用として古くから栽培され、江戸中期に爆発的に流行。秋の季語。
万年青
科 目 スズラン科
花 期 5月から6月頃

高取山、撮影日:2011.04.02

山聲-TOP
山の彩り-山野草