のぎらん 北海道から九州に分布し、湿原の周辺や路傍など、やや湿った場所に生育する多年草。根生葉は放射状に十数枚出る。倒披針形(長さ8〜20cm)で先は鋭くとがる。花茎を伸ばし上部に1〜2本の枝を出し長さ3〜20cmの総状花序をつける。花被片は6枚で長さ5〜8mmの披針形、基部は合生する。淡く赤褐色を帯びるクリーム色の花を咲かせる。名の由来は、花のそばの線形の苞を芒に見立て、葉を蘭の葉に見立てた。
芒 蘭
科 目 ヤマイモ科
花 期 6月から8月頃

医王山、撮影日:2009.09.06

山室湿原、撮影日:2013.07.17

経ヶ岳、撮影日:2010.07.19

山室湿原、撮影日:2008.08.09

山聲-TOP
山の彩り-山野草