みやまあけぼのそう 北海道から本州中部地方以北に分布し、高山の湿った草地などに生育する多年草。茎の高さは15〜35cm。根生葉は長楕円形から楕円形で、厚みがあり、全縁。茎葉は下部は互生、上部は対生する。茎先の総状花序に、直径2cmほどの暗紫色の花を数個つける。花冠は5個に深裂し、裂片には濃い紫色の脈があり、基部には腺体(蜜腺)が2個ずつある。アケボノソウ の高山種で、黒に近い濃い青紫を明け方の空の色に、花びらにある斑点を 星に見立てたという。
深山曙草
科 目 リンドウ科
花 期 8月から9月頃

八ヶ岳、撮影日:2006.08.24

山聲-TOP
山の彩り-山野草