いたちはぎ アメリカ原産、道端、河川敷、荒地など幅広い環境に生育する落葉低木で移入植物。木の高さは1〜5m。枝には弱くて刺さらない刺がある。 やや大きな奇数羽状複葉をつけ、互い違いに生える(互生)。奇数羽状複葉というのは、鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される。小葉の形は卵形である。葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。暗い紫色の総状花序に小さな蝶形の花をたくさんつける。別名:クロバナエンジュ
鼬 萩
科 目 マメ科
花 期 4月から7月頃

山室湿原、撮影日:2009.06.03

山聲-TOP
山の彩り-山野草