えぞすずらん 北海道から九州に分布し、亜高山帯の高木林下に生育する多年草。茎高さは30〜60cmになり直立し、全体に褐色の短い縮毛が生える。葉は、楕円状卵形で数枚が互生し、先端は鋭くとがる。茎の上部に緑色の花を総状花序につけ、下方から開花していく。苞は葉質で、萼片は狭長卵形で先端は鈍頭。唇弁は卵状被針形になり、花弁と同長で白く、唇弁の前部は3角形、後部は袋状になり内面は暗褐色になる。別名:アオスズラン(青鈴蘭)
蝦夷鈴蘭
科 目 ラン科
花 期 7月から8月頃

美ヶ原、撮影日:2009.08.04

山聲-TOP
山の彩り-山野草