ばいけいそう 日本全土に分布し、亜高山帯にかけての林内や湿った草地に生育する多年草。直径1.5〜2cmほどの緑白色の花を房状に多数つける(茎の上部に大形の円錐花序となる。6枚の花被片は長さ1〜1.5cm程の細卵形でその先尖り、雄しべはその半分程の長さ。開花期の草丈は0.6〜1.5mとなる。葉は長さ15〜30cm、幅10〜20cmの広楕円形-長楕円形で、その先が尖る。名由来は、花がウメ、葉がケイランに似ていることから。
梅尅
科 目 ユリ科
花 期 6月から8月頃

燕岳、撮影日:2007.08.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草