やまぶきそう 本州から九州に分布し、山野の樹林地に群生する多年草。根出葉は奇数羽状複葉で長い葉柄がある。茎は高さ30〜40cm。茎の上部に少数の茎葉がつく。小葉は、広卵形または楕円形で、先端はとがり、縁は切れ込みと細かい鋸歯があり、数は1〜5個、ふつう3個つく。上部の葉腋に花柄をもつ黄色い花を1〜2個つける。緑色の萼片は2個あり、開花直前に落ちる。花弁は4枚で、雄蕊は多数。花柱は短く、柱頭は2裂する。名の由来は、花の色がヤマブキに似ることによる。
山吹草
科 目 ケシ科
花 期 4月から6月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草

伊吹-国見岳、撮影日:2008.05.21