つわぶき 福島県以南から九州に分布し、海岸の岩場や崖などに生育する常緑の多年草。葉には長い柄があり、直径30pほどにもなる分厚くてツヤのある葉を付け、若い葉の葉柄は食べられます。秋から冬にかけて黄色い花を咲かせ、冬の花のない季節に、波しぶきのかかる海岸にも彩りを与えています。古くから庭園などに植栽され、斑入りや小型の品種が作出されています。由来は、艶葉蕗(つやはぶき)、つまり「艶のある葉を持ったフキ」から転じたとする説などがあります。
石蕗
科 目 キク科
花 期 10月から12月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP