しきみ 本州の中部以南に生育する常緑樹で、高さは10m程度、胸高直径は30pとなります。葉は枝の先端に集まってつき、深緑色でツヤがあります。花は、葉の付け根から一つずつ出て春に咲きます。花びらは淡黄色で細長く、ややねじれたようになる。花や葉、実、さらに根から茎にいたるまでの全てが毒成分を含みます。語源は、四季とおして美しいことから「しきみ しきび」となったと言う説、また実の形から「敷き実」、あるいは有毒なので「悪しき実」からともいわれます。
科 目 アカバナ科
花 期 3月から4月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP