きけまん 関東以西の低地に分布し、道ばたに生える越年草。茎は太くしっかりし、草丈50〜60cm内外です。 根元から分枝して大きな葉をつけ、葉の質はやや厚く、白緑色で3出複葉、小葉は深く裂けます。 茎頂に総状花序をつけ、花弁は黄色、先端部分に淡黄色、緑色、薄茶色などの模様が入ります。 花は、花茎の下方から上に向かって順に咲き、開花するに従って花弁の先端を下げ、行儀よく一定の方向に並ぶように見えます。有毒で、気分が悪くなる悪臭があります。
黄華鬘
科 目 ケシ科
花 期 3月から5月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP