ほくりくねこのめそう 本州(新潟県から島根県)の日本海側に分布し、地沢沿いなどの湿ったところによく群生して生育します。茎の先に小さな花が集まって咲き、花のすぐ下につく葉のようなもの(苞:ほう)が花の時期には黄色になるため、茎の先に1個の大形の花が咲いたように見えます。茎の葉は向かい合ってつき、緑色で脈が目立ちます。花のあとにできる実は、熟すと細く裂開します。そのようすが、目を細めた猫の目に似ていることからネコノメソウの名がついています。
北陸猫の目草
科 目 ユキノシタ科
花 期 4月から5月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP