あぶらちゃん 本州から九州にかけて分布し、山地の沢筋などに生える落葉低木で日本固有種です。樹高は2mから4m。樹皮は赤褐色で小さな皮目がある。枝は細かく分かれる。葉は卵形で互生。葉の縁にぎざぎざはなく(全縁)波打っている。葉の表面は緑色、裏面は灰白色を帯びている。開花は葉の展開に先立つ。雌雄異株である。雄花は淡い黄色で数個が固まってつく。雌花は黄緑色で、雄花より小さい。名の由来は、実や樹皮を絞って油を採り灯火に使ったことからきている。
油瀝青
科 目 クスノキ科
花 期 3月から4月頃

霊仙山、撮影日:2010.04.18

谷山、撮影日:2009.04.18

山聲-TOP
山の彩り-山野草