しなのきんばい 北海道から本州の中部地方にかけて分布し、高山の湿った草地や湿原に生える多年草。草丈は20〜70cmくらい。茎は直立し、上部で枝分かれをする。根際から生える葉には長い柄があり、手のひら状に5つに裂け、それぞれの裂片はさらに細かく切れ込む。葉には光沢がある。花径3〜4cmくらいの大きな金色の花をつける。ただし、5枚から7枚の大きな花弁のように見えるのは萼片である名の由来は、は信濃(長野県)に産するキンバイソウの意。
信濃金梅
科 目 キンポウゲ科
花 期 7月から8月頃

燕岳、撮影日:2007.08.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草