おおばみぞほおずき 北海道から本州の中部以北の日本海側に分布し、高山で、沢沿いや湿地などの水気のある場所に群生する多年草で高山植物。茎は直立し、高さは10〜30cm。葉は茎に対生し、形は卵形または卵円形、葉の長さ2.5〜6cm、幅1〜3cm、縁は尖った鋸歯をもつ。葉柄はない。花は黄色、筒型で長さ2.5〜3cm。上部の葉腋に細長い花柄をもって花をつける。果実は長楕円形の刮ハとなる。名の由来は、大きな葉を持ち、水辺(溝)に生え、実がホオズキに似ていることから。
大葉溝酸漿
科 目 ゴマノハグサ科
花 期 6月から8月頃

赤兎山、撮影日:2007.07.08

山聲-TOP
山の彩り-山野草