みやまきんぽうげ 北海道から中部地方以北に分布し、亜高山帯から高山帯の湿り気のある場所に生育する多年草の高山植物。雪渓周辺に大群落をつくることが多い。高さは10〜50cm、茎には上向きの毛が生える。葉は濃い緑色で艶がある。根元から生える葉は大きく3つに裂け、さらに細かく切れ目が入る。茎につく葉は小さく、3つから5つに裂ける。茎先で枝分かれして、鮮やかな黄色い5弁花を咲かせる。花びらには丸みがあり、艶がある。雪解けあとに開花する。
深山金鳳花
科 目 キンポウゲ科
花 期 7月から8月頃

浄土山、撮影日:2012.07.24

鹿島槍ヶ岳、撮影日:2008.07.31

木曾駒ヶ岳、撮影日:2010.08.05

山聲-TOP
山の彩り-山野草