みやまきんばい 北海道から本州中部以北に分布し、高山の砂礫地、草地に生育する多年草で高山植物。葉は、根元から束のように生える3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、長い柄がある。小葉は卵形で光沢があり、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。葉の両面に褐色の長い剛毛があり、縁にも密生する。茎先に花径2cmくらいの濃い黄色の花を数輪つける。花びらは5枚で、中心に近いほうが色が濃い。名の由来は、深山に咲く金色の梅に似た花というところから。
深山金梅
科 目 バラ科
花 期 7月から8月頃

浄土山、撮影日:2012.07.24

立山、撮影日:2012.07.25

山聲-TOP
山の彩り-山野草