みやまあきのきりんそう

ミヤマアキノキリンソウは本州中部以北などに分布する多年草。高山の乾燥した草原に生育する。平地に普通に生育するアキノキリンソウによく似ており、花が咲いていても区別しにくい。外見的にはアキノキリンソウの花序は縦に長く伸びてまばらに付く傾向があるが、ミヤマアキノキリンソウは茎の頂端にまとまって付くので、よりあでやかである。そのためか、コガネギクの異名もある。

深山秋の麒麟草
科 目 キク科
花 期 7月から9月頃

燕岳 撮影日:2007.08.08

西穂高山荘 撮影日:2010.08.24

尾瀬ヶ原 撮影日:2008.10.08

木曽駒ヶ岳 撮影日:2010.08.05

立山、撮影日:2012.07.25

唐松岳 撮影日:2009.07.18

山聲-TOP
山の彩り-山野草