こうほね 浅い池や沼、流れの緩い川などに生える多年生の水草です。根茎が白色で肥大し,これが白骨のように見えるので和名になりました。葉は水中葉と水上葉があり、やや細長い葉身をつける。円柱形の花柄を水の上に出し,黄色い花を上向きにつけます。河骨の根茎は「川骨(せんこつ)」の名で 漢方薬としてよく用いられ、 二つ割りにして干して、 止血剤や浄血剤、強壮剤として使われます。
河 骨
科 目 スイレン科
花 期 6月から9月頃

コウホネ+カワトンボ

池河内湿原:福井県敦賀市、撮影日:2011.07.05

山聲-TOP
山の彩り-山野草