きりんそう 北海道・本州・四国・九州の山地の日当たりのよい岩場などに分布する。茎は太く高さ5-30cm。葉は肉厚で、長さ2-7cmの倒卵形または長楕円形で互生する。葉の縁は中央から先端にかけて鋸歯形状となる。茎の先端が平らな集散花序となり、花弁は5枚の黄色い花を多数付ける。別名が、「キジンソウ」と「キジグサ」で、和名は「傷薬の草」を意味し、これが転訛して「キリンソウ」となったとする説がある。
麒麟草
科 目 ベンケイソウ科
花 期 5月から8月頃

滋賀県伊吹町:静馬ヶ原、撮影日:2008.07.17

滋賀県伊吹町:伊吹山、撮影日:2010.07.28

山聲-TOP
山の彩り-山野草