かいたからこう 低山帯上部から高山帯の湿った草地や谷川のほとり咲き、黄色の花をつけます。草丈は30〜60p。茎先につく頭花は2..5pほどと小さく、散房状に4〜11個つけます。頭花の柄の基部には、葉状の大きな苞葉があります。茎は直立し、葉身は三角状心形、または鉾形で先がとがり、不規則な鋸歯があります。遠目には、オタカラコウやマルバダケブキにも似ています。由来は、甲斐(山梨県)で発見され、根に芳香があるので「宝香」。
甲斐宝香
科 目 キク科
花 期 7月から8月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP