いわきんばい 北海道から九州にかけて分布し、山地の岩場に生える多年草。草丈は10cmから20cmくらい。小葉の形は菱形状の卵形である。葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり、裏面は粉白色となる。葉の質は硬い。茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、黄色い5弁花を10輪くらいつける。花径は1cmくらいで、花弁の先はわずかにへこむ。名の由来は、岩場に生え梅に似た黄色い花を咲かせるということからきている。
岩金梅
科 目 バラ科
花 期 6月から8月頃

美ヶ原、撮影日:2009.08.04

山聲-TOP
山の彩り-山野草