いわべんけい 北海道から本州中部以北に分布し、山の稜線の岩場などの厳しい環境で生育する多年草。高さは30cm程度となる。密に生える葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。葉は白っぽく、粉をふいたように見える。 雌雄異株である。雄株は茎先に淡い黄色の小さな花を密集させる。小花の花弁は4枚ないし5枚で、細長い。雌株の花は花弁がなく緑色で、受精すると子房が赤く色づく。名の由来は、岩場でたくましく育つ様子を「弁慶」にたとえたもの。別名:イワキリソウ
岩弁慶
科 目 ベンケイソウ科
花 期 6月から8月頃

八ヶ岳、撮影日:2006.08.24

山聲-TOP
山の彩り-山野草