ぶたな ヨーロッパ原産で、日本には昭和初期に入り、北海道から本州の広い範囲に分布し道路脇や農耕地などの周辺で生育している多年草。外観はタンポポに似るが、ブタナは30〜60p程度の花茎が途中で数本に枝分かれし、それぞれの頭に直径3pほどの黄色い花をつけます。また花茎に葉は付いていません。葉はロゼット状で、裏にびっしりと毛が生えていて、根は深い。隙間なく群生した地域では、芝生が枯れるなどの被害も発生し、害草として駆除されることも多い。
豚菜
科 目 キク科
花 期 6月から9月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP