手水舎紀行
   方広寺手水舎-龍吐水口
山聲-TOP
手水-TOP
クリックで拡大
吐水龍
水鉢正面
手水舎右背面
標   題 方広寺手水舎
山 行 日 2015年(平成27年)11月04日(晴)
地  域 22:三河富岡/南東SE
Mapion 静岡県浜松市北区
撮影場所 境内
リ ン ク 社寺探訪:深奥山方広寺
概   要 建徳2年(1371)、後醍醐天皇の皇子無文禅師の開山による臨済宗の寺院で方広寺派の大本山。本尊:釈迦如来。正式名称:深奥山方廣萬寿禅寺、別称:奥山半僧坊。奥山にあり、境内は広く、五百羅漢石造や七尊菩薩堂(重文)などもあり、徒歩で1kmほど周回します。
手水舎は、木造四方転びむくり屋根桟瓦葺、吐水口:単龍半身体