形式による分類
形  式 種  類 特徴等・参考写真
吐水龍 鋳造
半身
単頭龍 鋳造された龍半身の最も一般的なもの、頭部もしくは半身部分が多い
     
     
双頭龍 鋳造龍の吐水口が二ヶ所ある、並んだものや向かい合ったものがある
     
     
複頭龍 鋳造された龍の吐水口が三体以上あるもの
     
     
鋳造
装飾
立 龍 鋳造された龍が立ち上がった姿のものや装飾されたもの

京都府宮津市
成相寺



愛媛県今治市
57:栄福寺
徳島県三好市
66:雲辺寺
香川県さぬき市
88:大窪寺
這 龍 鋳造された龍が這っている姿のもの



岐阜県垂井町
南宮大社
滋賀県秦荘町
金剛輪寺
京都市東山区
清水寺


岡山県岡山市
最上稲荷-01 
 岡山県岡山市
市場稲荷-02
石 造 龍 石で刻まれた龍の吐水口、頭部もしくは半身が主



石川県輪島市
総持寺祖院
滋賀県八日市市
日吉神社
滋賀県安土町
沙沙貴神社


京都市伏見区
伏見稲荷-三徳社
京都市伏見区
伏見稲荷-大杉社
吐水神獣
滋賀県大津市
三尾神社

京都市伏見区
伏見稲荷大社-目力社



福井県敦賀市
気比神宮
福井県敦賀市
常宮神社
滋賀県中主町
兵主大社

   
滋賀県木之本町
意冨布良神社
   

滋賀県木之本町
淨信寺
唐獅子
徳島県板野町
03:金泉寺
その他
吐水口
金 剱
京都市伏見区
伏見稲荷大社‐御剱社

滋賀県西浅井町
須賀神社:吐水口
木溝・箱

京都市伏見区
伏見稲荷-薬力の滝
京都市伏見区
伏見稲荷-熊鷹社
竹 筒


滋賀県永源寺町
永源寺:洗耳水
京都市伏見区
伏見稲荷-御膳谷
京都市伏見区
伏見稲荷-薬力社
石擬態
   
滋賀県木之本町
與志漏神社:吐水口
   
石 鈴
京都市伏見区
伏見稲荷-奥社
菊紋石溝
京都市伏見区
伏見稲荷-中之社
石 溝

 
滋賀県永源寺町
永源寺:飛泉水
京都市伏見区
伏見稲荷-田中社
 
水 盤 石 造
 
滋賀県大津市
西教寺:茶屋
 



高知県高知市
31:竹林寺:手水
京都市東山区
泉涌寺-月輪陵
京都市東山区
泉涌寺−御座所庭園
金 属
京都府宮津市
成相寺:鉄湯船
滋賀県永源寺町
永源寺:水鉢
京都市東山区
泉涌寺-御座所縁側
陶器
静岡県浜松市
方広寺:手水鉢
手水舎 木 造

静岡県浜松市
方広寺:手水舎
滋賀県大津市
西教寺:手水舎
石 造
徳島県鳴門市
02:極楽寺:手水舎
     
山聲-TOP
山聲:手水舎紀行
社寺探訪で出合った手水舎・吐水口の表情
手水舎(ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ)は、参拝者が「身を浄める※」ために手水を使う施設のこと。水盤舎(すいばんしゃ)とも呼ばれます。手水舎は、神社、寺院の参道脇または社殿脇に置かれ、参詣者が手や口を漱ぎ清めます。多くの手水舎は、四方転びの柱が用いられ、四方吹き放しとなっており、その中に水盤が据え付けられ、柄杓が置かれており、それを使用します。柄杓にすくった一杯分の手水(ちょうず)を使い、一連の所作を行い、聖域に入ります。
手水の起源は、神道に由来し、聖域を訪れる際に周辺に流れる河川の水や湧き水で身を清めていたことにはじまります。その名残は、伊勢神宮の御手洗場などで見られます。時代が変化するにつれ、河川の水質が汚染され、清流や湧き水の確保が困難になったことから、それに代わる施設として手水舎が併設されるようになっていったともいわれます。          (Wikipedia)
 ※「身を浄める」:罪穢(ざいえ:つみけがれ)を祓う禊(みそぎ)の簡略化と考えられます。

手水舎にある水盤に、水を送る役目として龍頭などが置かれ、その口から水が流れ出ます。この龍のことを「吐水龍」と呼ばれます。龍(青龍)のほかにも、亀(玄武)、虎(白虎)、鳳凰(朱雀)といった「四神」や、鹿、牛、蛙・・・などの神獣の場合もあり、「吐水口」 と総称します。

龍は、水を司る神様と考えられています。その口から吐き出される水は、すなわち神様・仏様の水です。「吐水口」は、龍の他、形や表情、素材などが社寺ごとに工夫が凝らされ、興味深いものとなっています。
これまでの社寺探訪で見かけた「手水舎」・「吐水口」に焦点をあてて紹介させていただきます。