西野山(仮称) (にしのやま)
近江の城山-TOP
山聲-TOP
クリックで拡大
赤尾-4△
 ↓
堀切
東側堀切
いそのやまじょう
磯野山城
別 名 磯野城   遺構等 堀切、竪堀、切岸、曲輪
地  域 25ns:竹生島/北東C   現 状 山林+山頂
Mapion 滋賀県高月町松尾   築城者 磯野員友あるいは磯野員精
標  高 270m/100m=170m   築城年 室町期、詳細不明
訪城日 2016年09月10日(晴)   形 式 山城
山悠々 西野山(仮称)   規 模 東西:210mx南北:80m
概要 磯野山城の築城年代は定かではありませんが、磯野員友が築城して以来、磯野氏代々の居城でした。永正14年(1517)、浅井亮政が江北の諸城を落とし、主君京極高清を小谷城に幽閉した時に、浅見対馬守が山本山城に籠もり反抗し、磯野員詮は磯野城に籠もって共に浅井氏に抵抗しました。その後、磯野昌員は浅井氏に従い佐和山城主となり、代わって磯野山城には大橋安芸守秀元が城主となりました。
磯野氏は、湖北四家(赤尾氏、雨森氏、井口氏、磯野氏)に数えられた有力氏族で、特に員昌が歴代の中で最も名を馳せた武将と伝わります。
西側堀切
曲輪跡西側斜面
曲輪跡
切岸
平削地
上部平削地
堀切
磯野山城址
 ↓
海老越し
   ↓
西野山(仮称)
      ↓
磯野切通し
   ↓
城址は、石垣などの築造物は残存せず、堀切や竪堀が多く散見できます
特に堀切は、東西に広範囲にあります
登山道はなく、倒木や蜘蛛の巣になやまされます
尾根を高みに向かって進んでゆくことになります
南側山麓からの山容