きたのしょうじょう
北之庄城
別 名 岩崎山城
地理院
地図 
緯度:35.149469
経度:136.086199
Mapion 滋賀県近江八幡市
北之庄町
標  高 254m/88m=166m
遺構等 堀切、土塁、削平地
現 状 山林+山頂
築城者 --
築城年 室町
形 式 山城
規 模 東西100m
南北400m
八幡山城の峰続きにあり、観音寺城を本拠地とした佐々木六角氏との関係が考えられています。詳細は不明
西側のろし場?(現:長命寺港展望台)
下段虎口1(下部)
七つ池、笹が茂っているため窪みは見えませんでした
土橋
東側のろし場?(現:北虎口展望台)
下段虎口1(上部)
中段曲輪群
撮影場所:近江八幡市東部郊外、望西峰から東南に約1.9km
山聲-TOP
P254峰(岩崎山:仮称)150221、 070212
望西峰
  ↓
2007年と2015年に訪問しているのですが、「山ある記」を見比べていただくと、少しずつ状況が変わっているのが解ります。以前は、のろし場からの展望はあまり良くなかったのですが、2015年では視界が開けています。踏み跡もしっかりしていて訪れやすくなっているように感じました。
堀切址、撮影日:2007.02.12
上段曲輪のろし場(現:のろし場展望台)
縄張り図(現地看板)
土橋
鶴翼山(八幡山)
八幡山城址
  ↓
岩崎山(仮称)
北之庄城址
   ↓