撮影場所:近江八幡市東部郊外、鶴翼山から東北東に約2.1km
望西峰
  ↓
鶴翼山山頂にある瑞龍寺の山門、石垣は当時の遺構
                    撮影日:2007.02.12
出丸石垣
出丸から本丸(現在:瑞龍寺)を見上げる
出丸石垣
出丸跡
二の丸跡(現在は展望館)
本丸石垣(北の丸と西の丸の中間)
本丸石垣(西の丸側)
西ノ丸跡、西側展望がよく、琵琶湖が眺められます
北の丸石垣
北の丸石垣
北の丸跡、現在は三角点があります
瑞龍寺の山門、石垣は当時の遺構
八幡山城址、本丸石垣(ロープウェイ山上駅近く)
はちまんやまじょう
八幡山城
別 名 --
地理院
地図 
緯度:35.144873
経度:136.082251
Mapion 滋賀県近江八幡市
宮内町
標  高 280m/90m=190m
遺構等 石垣、郭跡、他
現 状 瑞龍寺+山頂
築城者 豊臣秀次
築城年 天正13年(1585年)
形 式 山城
規 模 山域全体
豊臣秀吉の甥で、豊臣秀次が山頂に築城、城下町は、織田信長の安土の城下町を移したと伝わっています
山門から本堂への石段(下り)・・・・「戦国の階段」との看板
P254峰(岩崎山)
北之庄城址
   ↓
鶴翼山(八幡山)
八幡山城址
  ↓
八幡山城址本丸跡、現在は瑞龍寺(村雲御所)
八幡山山頂案内図(看板)
鶴翼山1209(かくよくさん、別名:八幡山)、鶴翼山1502
山聲-TOP