ふせやまじょう
布施山城
別 名
 地理院
地図
緯度:35.083000
経度:136.173961
Mapion 滋賀県東近江市
稲垂町
標  高 241m/120m=121m
遺構等 土塁、竪堀、平削地
現 状 山林
築城者 布施氏
築城年 室町時代
形 式 山城
規 模 東西150m
南北150m
佐々木六角氏の家臣の布施氏の居城。繖山の観音寺城の騒動時ここが攻防の舞台に。後、織田信長の近江進攻により落城。以降は廃城。
山頂に上下二段の郭あと。低い土塁で囲まれる
布施山 (ふせやま)
撮影場所:八日市市蛇溝町、布施山から北東に約1.5km
副郭から虎口を眺める
小高く見えるのは主郭の土塁
布施山
北 峰
 ↓
P217峰
   ↓
南 峰
   ↓
虎口に使われた石
布施氏は佐々木六角氏の家臣であり、本家筋といわれる布施三河守家と、布施淡路守家に分かれていた。布施山城の城主は布施三河守家であり、布施淡路守家の城は、東方5kmにある大森城。永禄6年(1563)に、六角氏被官の後藤氏が六角義弼に観音寺山城内で誅殺され、これに反発して家臣が自領へ引き上げた「観音寺騒動」が起きた際、永禄9年(1566)、布施氏は布施山城に拠って、浅井氏と呼応して六角氏に反旗を翻した。この騒動は、蒲生氏の調停によって収拾されたが、六角氏の権限を制限した「六角式目」が制定されました。
布施三河守は永禄11年(1568)の織田信長の近江侵攻の際、この城に籠もり戦いましたが敗れて廃城となりました。
主郭の虎口、石が散乱する
主郭の平坦地と周囲の土塁
山聲-TOP
雪野山
 ↓