近江の峠:大峠(山道)
山聲-TOP
写真クリックで拡大写真
大峠ノ頭
  ↓
大峠ノ頭
 ↓
水谷岳(カクレグラ)
       ↓
タイジョウ
  ↓
綿向山
 ↓
綿向山
 ↓
タイジョウ
  ↓
綿向山
 ↓
峠から佐目子谷方面:水船ノ池標識
峠から北谷尻谷方面
水船ノ頭
  ↓
峠の南側高台からの水船ノ頭
写真クリックで拡大写真
峠の北側から南側パノラマ
水谷岳(カクレグラ)
   ↓
峠北側の高台から西側展望
水谷岳南尾根
    ↓
タイジョウ
  ↓
綿向山
 ↓
峠の高台から西側展望
峠から北谷尻谷
峠を北側高台から
↓水船ノ頭/佐目子谷→
←北谷尻谷/大峠ノ頭↑
水谷岳(カクレグラ)
    ↓
大峠ノ頭
 ↓
標   題 大峠(山道)
山 行 日 平成26年(2014年)05.月10日(曇/晴)
地  域 25zc:御在所山/北西WS
Mapion 滋賀県永源寺町
付近状況 山道
撮影場所 山道
リ ン ク 山悠遊:銚子ヶ口/大峠ノ頭
概   要 大峠(おおとうげ、標高:1030m、)は滋賀県永源寺町の銚子ヶ口山域にあり、永源寺町杠葉尾(ゆずりお)地区から銚子ヶ口の尾根を南に進み杉峠に至る中間に位置しています。昔は、杣道であるとともに信仰の道であったと考えられます。信仰の場所は、塔ノ峰の東側にあるお金明神です。銚子ヶ口の西側谷である佐目子谷から大峠に至り、東の北谷尻谷から神崎川に出ます。ここからすこし南下してお金明神に向かい、参拝するために利用されたルートと考えられます。行程的には、銚子ヶ口の山越えをせずに、神崎川を遡上するルートが(瀬戸峠までは神崎川林道がついています、国道421号から瀬戸峠経由、お金明神までは約8.0km)、距離は長いですが標高差が少ないので楽かもしれません。雨乞いの祈祷が行われたのでしょうか。最近では朝明からの訪問(約5.0km)が多いといわれます。
お金明神とは、永源寺ダム沿いの佐目地区の若宮八幡宮に合祀されている塔尾金神社の御神体で、銚子ヶ口の南東にある塔ノ峰の東側急斜面にある巨大な岩が積み重なった天狗のような姿をした奇岩。
峠から佐目子谷方面