近江の峠、追坂峠(国道)
山聲-TOP
近江の峠-TOP
クリックで拡大
←マキノ海津(大津方面)/峠道の駅/マキノ小荒路(敦賀方面)→
↑マキノ海津(大津方面)/峠道の駅/マキノ小荒路(敦賀方面)→
旧塩津街道最上部、ここから一気に国道に取付く(旧道はいったん下って林の中に消える)
旧塩津街道中腹から海津方面展望
旧塩津街道中腹
旧塩津街道(西近江路)/上部:桜並木(国道161号沿い)
道の駅「マキノ追坂峠」
標   題 追坂峠(国道161号)
山 行 日 平成28年(2016年)04.月09日(晴・霞)
地  域 25wn:海津/北東N
Mapion 滋賀県マキノ町海津
付近状況 国道161号
撮影場所 道の駅「マキノ追坂峠」
リ ン ク 山悠遊:東山/峯山
概   要 追坂峠(おっさかとうげ、標高:170m)は、高島市マキノ町小荒路と海津を結ぶ旧街道の峠です。琵琶湖西岸を通り、海津から「七里半越」の峠を越え、敦賀を経由して北陸各地に向かう道を「西近江路」と言い、古代から続く「北陸道」の一つです。現在も、国道161号として琵琶湖西岸を通り、海津から県境の峠を越えて、敦賀市疋田で琵琶湖東岸を通ってきた国道8号線と合流して、北陸各地へ向かっています。今も昔も、商業流通・文化交流の大動脈です。峠は、国道161号を起点(国道8号:敦賀疋田)から大津方面に進んでくると、初めて琵琶湖が望めるポイントでもあります。 なお、この峠を含む高島市マキノ町海津から福井県敦賀市に至る区間を「七里半越」と呼び、この峠附近にある道の駅「マキノ追坂峠」は、いつも利用が多く、駐車スペースも広く取られているので、いったんここで休憩してから敦賀に入るという人が多く見られます。
国道取付部から海津方面展望