せんぴろたき 特徴 直瀑
千尋滝 概要 滝の落差は60mあり、普段は滝の水は中央を落ちていますが、降雨時には岩盤の全体を水が滑り落ち、壮大な景観が見られます。山行地図によると、島内には同名の「千尋の滝」が別にあり、この滝は「千尋滝」といって、「の」の字がありません(※ただし、読みは「の」を入れるのかもしれません)。運が悪いと、この地域一帯がガスに覆われ、音はすれども姿は見えず、で引き返す人も多い。
地  域 46:尾之間/南東C
山行日 2002.04.24、(晴)
山行図  
Mapion 鹿児島県屋久島
降雨時には、岩盤全体を水が滑り落ちると言います。見てみたいものです
看板には確かに「の」の字がありません
山聲-TOP
滝悠遊-鹿児島県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり