おもごきょう-てっぽういしかわ 特徴 渓流
面河渓-鉄砲石川 概要 石鎚山を源流にした面河川の支流にあります。高知県で名前を「仁淀川」と改め、土佐湾に流れ出ます。面河渓は町のパンフレットによ ると、「四国随一の渓谷美を誇り、大自然の宝庫。そこにはきっと自然の故郷が待っている」とあり、岩と木々が織り成す四季の移ろいに心を盗まれる。今回は鉄砲石川の渓流沿いを歩いてみました
地  域 38:面河渓/北東C
山行日 2002.10.15、(晴/雨)
山行図  
Mapion 愛媛県面河町
車を降り立つと
視界に納まりきらない
とんでもない大きさの
一枚岩が
辺りを睥睨(へいげい)
している
これには「亀腹」と
呼称が付けられている
ここは
面河渓の入口にあたる

正面が本流
私たちは、時間の都合で
左側の支流を遡ります
面河渓の清流、水量が少なかったからでしょうか、とても上品な趣です
「御月岩」と呼ばれる
奇岩です
「兜岩」と呼ばれる奇岩です
ここには
清流と奇岩と木々の色彩が織り成す景観がご馳走です
楓渓橋ポイントから下流を見つめました
楓渓橋ポイントから
川底に降り立ち
上流を少しだけ遡りました
大きな岩がゴロゴロ
出発点から約1時間の行程
荒々しさと
清々しさを併せ持つ渓谷です
山聲-TOP
滝悠遊-愛媛県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり