いずみじんじゃゆうすい 特徴 湧水、日本名水百選
泉神社湧水 概要 伊吹山の山麓にあり、豊富な地下水は二千年このかた枯れることがないと伝えられ、環境庁より日本名水百選のひとつ(滋賀県下には、他に居醒の清水、神照寺自噴井戸の計3箇所が認定)に認定されています。この名水を求めて多勢の方がみえられます。由緒によりますと、醒ケ井の居醒の名水と同じく日本武尊にかかわりがあるとされています。
地  域 25N:関ヶ原/北西SW
山行日 2004.09.03、(晴)
山行図  
Mapion 滋賀県伊吹町
環境庁日本名水百選認定
泉神社湧水由緒
立て看板には
次のように記されていました
泉神社社伝によると、天智天皇の頃、当地の山野は弓場操練の地とされ、多くの牧士等の居住するところとなりました。
 たまたまこの地に天泉が湧出し、その水が清冽であったので天泉所と称し。ここに素盞鳴尊(スサノウノミコト)、大己貴命(オウナムチノミコト)の二柱を産土の神として祀り、今日に至りました。
 古くは景行天皇の皇子、日本武尊が伊吹山の蝦夷征伐にむかわれ、毒霧にあてられ失意酔えるが如くなられた時の「居醒水」と伝えられ、また小栗助重が病気平癒を祈願した霊泉とも崇められています。
 伊吹の三名水の一つとして、二千年来涸れることのないこの御神水は、昭和60年3月28日環境庁より日本名水百選の認定を受けました。
名水湧水個所全景
湧水水源
石垣の尖端は
聖域という認識で
立ち入りませんでした
湧水地
上部からの俯瞰
 【小栗助重】
伊勢神官の荘園だった小栗城(茨城県協和町)城主
鎌倉幕府の有名な御家人
当時の官位は判官(ほうがん)
幕府に謀反し流浪
泉神社前(写真右)
多くの人が名水を求めに来られるます
集落の入口にある
モニュメント(写真左)
後方の山は伊吹山
滝悠遊-滋賀伊吹
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
山聲-TOP