ごちょうしのたき 特徴 段瀑・斜瀑の複合瀑
横山岳 五銚子の滝 概要 横山岳南部域を水源とする網谷川の支流である白谷の最深部にこの滝はあります。落差40mほどで、上部に4段の段瀑と下段が斜瀑の複合瀑です。滝壺に近接ができますが、岩苔で滑りやすく注意が必要です。今回の山行は、空梅雨なのか水量がありませんでした。水源を覗いてみると、水流のほとんどが岩肌から湧き出す潜流瀑※の様相でした。
地  域 25n:美濃川上/南西W
山行日 2005.06.18、(晴)
山行図 横山岳0506
Mapion 滋賀県木之本町
梅雨入りから10日、雨が降って水量が多いかも・・・・
と、期待して訪れたのですが、ご覧の通りの清楚な滝で、滝壺まで近寄れました
岩幅(滝幅)が4m程ですので水量が少ないというのは納得していただけると思います
きょうのたき 特徴 段瀑・斜瀑の複合瀑
横山岳 経の滝 概要 横山岳南部域を水源とする網谷川の支流である白谷の中腹にこの滝はあります。落差15mほどで上部に2段の段瀑と下段が斜瀑の複合瀑です。滝壺に近接ができ、滝の醍醐味を直に味わうことができます。今回の山行は、梅雨入り間もない時期でしたが、ほとんど雨も降らず水量がありませんでした。岩肌いっぱいに流れる時は壮観なことでしょう。
地  域 25n:美濃川上/南西W
山行日 2005.06.18、晴
山行図 横山岳0506
Mapion 滋賀県木之本町
(写真:上、6枚合成写真)
五銚子の滝、落差40m、4段目と最下段の拡大
別名/御詔使の滝(ごしょうしのたき)
とも言われています

(写真:左)
滝壺の脇に人がいます
滝の規模が比較できると思います
崖を降り、最上段の滝のありかを探してみました
左方向から眺めると・・・・
斜瀑の勾配が良くわかります
右方向から眺めると・・・・
4段目と最下段の斜瀑
最上段の部分です
手前と向こうに水みちがついています
共に、岩間から湧き水のように
水が流れ出しています
潜流瀑※にも似ています
雨が降った後は、谷の表面を
流れてくる水で豪快な滝に変身します

※潜流瀑 伏流した地下水が断層などに
       ぶつかって、その中腹から
       湧き出すように流れ出る滝
       例:白糸の滝(静岡県)
(写真:左)
滝の左側から
見つめました
4段目の簾は
見る方向により
その姿が大きく
変わります
(3枚合成写真)
白谷を遡上してくると
目の前にあらわれます
経の滝から別れ
五銚子の滝に向かって左に巻いてゆきます
(写真:上)
樹間から
1段、2段、3段目
そして
4段目の段瀑が
確認できます 
奥に白い柱がかすかに見えます
「経の滝」が見えてきました
どこが沢か登山道でしょうか・・・・
白谷は横山岳の南側斜面にあり
その水域は、幅:約1km、奥行:約2.5kmです
全域が急傾斜地のため
保水力があるにしても降雨時には
一気に雨水が流れてしまい
平常時は、多くの水量はありません
反面、植林に適さないため
自然林(広葉樹)が残され
自然のダムとして、渇水期においても
清らかな水流を演出しています
急峻なるが故に、幻の滝や滝もどきなどもあり
全域が渓流瀑といっても過言ではありません
山聲-TOP
滝悠遊-滋賀湖北
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり