こんぜアルプス/おちがたき 特徴 段瀑
金勝アルプス/落ヶ滝 概要 金勝アルプスは鶏冠山と竜王山を含む一帯を指し、巨岩や奇岩が多くミニアルプス的な景観が楽しめる里山です。この滝は、鶏冠山を源流とする草津川の最上流にあります。水量は少ないのですが、垂直に切り立った岩肌を落ちる様はあたりに変化を与えている。
地  域 25k:三雲/北西W
山行日 2000.11.23、(晴)
山行図 金勝アルプス0011
Mapion 滋賀県大津市
色づいた木々の向こうに巨岩が進路を塞ぐ
その岩肌の間から水量こそ少ないが、水の柱が立っている
岩肌にうがたれた溝
まるで、金勝アルプスの主が横たわっているようにも見える
長い年月をかけ、自然の匠の腕によるものです
山全体が大きな岩山です、雨が降れば、集まった水が一気に流れます
土が流され、木々も育ちません
そんな中でも、生命力のある草木が命を育んでいます
山聲-TOP
滝悠遊-滋賀甲賀
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり