たきがたに-おおたき 特徴 斜瀑、段瀑
滝ヶ谷-大滝(仮称) 概要 中鈴鹿の釈迦ヶ岳北にある岩ヶ峰と段木などの峰などに挟まれた全長0.7kmあまりの小さな谷に、この滝はあります。流域面積が小さいため、豪快な佇まいはありませんが、落差は約40mほどで、岩肌を伝って流れ落ちる様は大きな滝と比して遜色はありません。滝壺から下はすぐに栗木谷です。
地  域 24z:御在所山/北東NW
山行日 2008.10.29、(晴/曇)
山行図 三池岳0810
Mapion 三重県菰野市
滝悠遊-三重中鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
3段斜瀑、総高:約40m(目測)、滝壺:小さい
上段部が90度折れ曲がっているので全貌は不明
岩肌が滑らかなのが特徴
滝の全貌
左岸から
左岸からの滝壺
 以外に小さい
右岸から
正面から
人物比較
右岸からの滝壺