滝上近くに架かる吊り橋を見る
滝上近くに架かる吊り橋から上流
下流
滝の右岸から
音止めの滝の名前の由来は、かつて源頼朝が挙行した富士の巻狩りの際に、曾我祐成・時致兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとした、その密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れない、そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音が止んだという伝説による。
分岐瀑、落差:25m(目測)、落ち口:15m(目測)、滝壺:あり
おとどめのたき 特徴 分岐瀑、日本の滝百選
音止めの滝 概要 音止めの滝は、隣接する白糸の滝と共に、著名な観光地の1つとして知られ日本の滝百選にも選ばれています。芝川本流の落差約25メートルの名瀑です。豪快で雄雄しい滝であり、白糸の滝とは対照的です。付近には曽我兄弟の隠れ岩、工藤祐経の墓、源頼朝が鬢の乱れを直したという泉があります。
地  域 22:上井出/北東C
山行日 2013.02.25、(晴)
山行記 白糸の滝界隈1302
Mapion 静岡県富士宮市上井出
望遠
滝悠遊-静岡
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
滝の遠景
山聲-TOP