がんだてきょう 特徴 直瀑、段瀑、斜瀑
巌立峡 概要 御嶽山系から流れ出る濁河川と椹谷の合流点にある巌立(岐阜県の天然記念物)。巌立峡はその椹谷の下流近くにある渓谷をさしていわれます。この渓谷には、それぞれ趣を異にする3箇所の滝があり、渓谷美を一層引き立てます。渓谷の醍醐味が際立っている「三ツ滝」、渓谷に沿って細い林道を1.5km遡ると「唐谷滝・あかがねとよ」の滝が心を癒してくれます。この林道を進むと「根尾の滝」が待っています。
地  域 21:湯屋/北東N
山行日 2007.03.17、(晴)
山行図  
Mapion 岐阜県下呂市小坂町
滝巡り-巌立峡2005 へは、ここからどうぞ
三ツ滝の中段と上段です
さらに上部には渓流瀑がありました
山聲-TOP
滝悠遊-岐阜飛騨
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
中段と上段部です
三ツ滝の最上段です
三筋に別れています
中段と下段部です
中段と下段部の滝壺です
最下段部です
赤い桟橋が印象的です
「三ツ滝」はその上流にあります
今回の訪問はドライブでしたので
「三ツ滝」のみのスケッチです
巌立から一旦川底に下りると、滝見遊歩道が上流に向かって延びています
桟橋あり、階段ありの結構スリリングな遊歩道です
そのハイライト「三ツ滝」です(上段6m、中段11m、下段5m)
滝が三段になり、上段は曲がっているため、全貌は捉えられませんが
広角のレンズのすごみです。かろうじて三段が認識できました