めおとたき 特徴 分岐瀑
叺谷-夫婦滝2007 概要 長良川の支流の叺谷(かますたに)にかかります。ひるがの高原の入り口に位置し、国道156号沿いから約100m程川を遡ったところにあり、国道脇の駐車場から垣間見えます。落差17mで、2本に分岐されて流れ落ちるところからこの名前が付けられたとか。遊歩道もあり、容易に近づけます。言い伝えによると、泰澄大師が白山開踏探索の祭、この滝で水垢離をされたといわれています。
地  域 21m:大鷲/北西NW
山行日 2007.10.31、(晴)
山行図  
Mapion 岐阜県郡上市高鷲町
滝つぼの直近まで近づくことができるのでしょうが、岩場がぬれているので、そばに行くのを自重しました。雪解け水で満たされた水流は、霧のような水煙をたちあげ、カメラを包み込みます。春まだ浅い山中は、木々の梢に華やかな色彩はありませんでしたが、あと2週間もすれば山中が若葉で覆い尽くされることでしょう。2005.04.23
山聲-TOP
滝悠遊-岐阜奥美濃
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
分岐瀑、落差:約17m(目測)、落ち口:約5m(目測)、滝壺:浅くて広い
滝の規模に比して滝壺が浅いのは下部で岩に当たっているからでしょうか
滝の左岸の岩をとらえて見ました
橋のたもとは断崖
紅葉が盛りです
国道156号沿いに
駐車場があり
滝へは約100m
橋の真下にある渓流瀑
滝の下流を見ています
明るい所が国道です
滝の全貌