ストレートな滝です
駐車場から歩いて約10分
この日は、午前中スコールのような雨でしたが
ここについたときは雨上がりの状態でした
しかし、辺りはもやがかかったようで
その雄大な全貌をはっきりと
とらえることができませんでしたが
逆に、落ち着いた「善五郎さん」に逢うことができました
山聲-TOP
滝悠遊-長野乗鞍
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
ぜんごろうのたき 特徴 直瀑、豪快
善五郎の滝131006 概要 小大野川にかかる長野県道84号乗鞍岳線の鈴蘭橋から少し下ったところにある。落差21.5m、幅8mで、幅いっぱいに平均して水が落ちる端正な滝である。東向きであるため、朝日に輝き、虹が現れることも多い。県道から滝見台への通路が整備されている。滝の名前は、イワナに引き込まれて滝壺に落ちた釣り師「善五郎」からつけられたと言われる。
地  域 20:乗鞍岳/南東NE
山行日 2013.10.06、(晴)
山行記 乗鞍三滝131006
Mapion 長野県松本市安曇
何回にもわたって流れ出た溶岩が崖となったところに小大野川が流れて滝になったと考えられています。水の浸食により今でも後退を続けており、この川の淵は、滝壺の跡だといわれています。
乗鞍岳
 ↓
展望台からの善五郎の滝
案内板
下流から滝前の歩道橋をみる
滝前歩道橋から下流
渓流瀑、滝壺:すごく大きくて深い
善五郎の滝、落差:21.5m(公称)、落口:8m(公称)滝壺:大きい
左正面
左岸