千間淵、落差:3m(目測)、落口:2m(目測)、滝壺:あり
滝悠遊-長野乗鞍
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
せんげんぶち 特徴 斜瀑
千間淵131006 概要 番所大滝200mほど上流にあるドーム型をした淵の奥にある小さな滝です。千間淵遊歩道が設けられ、20分程度で歩き通すことができるが、遊歩道から逸脱したりすると危険な箇所も多い。番所大滝と千間淵の間に番所小滝がある。名の由来は、小大野川とは別の水源である前川から千間もの量の薪を流したところ、この淵へと流れついたことから。
地  域 20:梓湖/北西S
山行日 2013.10.06、(晴)
山行記 乗鞍三滝131006
Mapion 長野県松本市安曇
千間淵の付近は柱状節理でドーム型をしている中央部に小滝はある
千間淵の下流の渓流瀑
番所小滝
千間淵と番所大滝の中間にこの滝はあります
滝のてっぺん
滝を下流から
滝を下流から
滝の下流
滝のてっぺんを左岸から
番所小滝の上流
山聲-TOP
奥に落差3mほどの小滝があります、光の加減で映っていません
番所小滝、落差:3m(目測)、落口:6m(目測)、滝壺:あり
案内板