歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
滝悠遊-山梨県
上流をみる
どりゅうのたき 特徴 潜流瀑
吐竜の滝 概要 八ヶ岳から流れ出る川俣川、その東沢にあるのが「吐竜の滝」です。駐車場から林の道へと奥へ分け入ること10分、清らかな渓流の音が聞こえ出し、頭上にJR小海線滝の架橋がくればまもなく滝に到着します。潜流瀑の特徴である日本庭園のような趣があり、小さい滝が何段にもなって落ちる姿には風情ある景色を作り上げています。緑におおわれた岩間から絹糸のように流れ落ちる神秘さから「竜の吐く滝」と名づけられました。
地  域 19:谷戸/北西NE
Mapion 山梨県大泉町西井出
山行日 2016.11.03、(晴)
山行図 清里高原
クリックで拡大
潜流瀑、落差:10m(目測)、幅:20m(目測)、滝壺:なし
岩肌の間から湧き出す様は神秘的です、太陽の光を受け、表情が様々に変わります
クリックで拡大
潜流瀑
先客万来
滝が見えてきました
トラス橋を通り対岸に渡ります
上流のトラス橋
JR小海線高架下
黄葉の中にJR小海線
子ども連れも多い
登山道
ひとひらの落葉
あたりは黄葉
案内板
山聲-TOP