たるみのたき 特徴 二段段瀑
垂水の滝 概要 輪島市と珠洲市の境にある曽々木海岸はあ景勝地で知られています。そこに滝の流れが山から直接海へ注ぎ込む落差およそ35m「垂水の滝」があります。真冬には、日本海からの強風にあおられ滝の水が吹き上がることから、別名「吹き上げの滝」とも呼ばれています。滝壺に水が落ちてこない現象は、全国でも大変珍しいものだといわれています。
地  域 17:曽々木/北東SW
山行日 2012.05.24、(晴)
山行図  
Mapion 石川県輪島市湯の山
二段段瀑、落差:35m(上段:15m、下段:20m、目測)、落ち口:1m(目測)、滝壺:なし
日本海からの強風にあおられ滝の水が吹き上がることから、別名「吹き上げの滝」
滝悠遊-三重中鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP