さんじゃがたき 特徴 段瀑、斜瀑
三蛇ヶ滝 概要 医王山系の白兀山を水源とする豊吉川にこのたきはあります。V字渓谷が続き、幾つもの滝が流れ落ちているうちの一つです。滝は三段になっており、上段・中段のたきは樹木の中に架けれ、見える時期が・場所が限られます。下段は落差20mほどの斜瀑です。駐川の水は清らかで、ハコネサンショウウオも棲息しています。
地  域 17:福光/南西NE
山行日 2009.09.06、(晴/曇)
山行図 医王山
Mapion 石川県金沢市/富山県
滝悠遊-石川/富山
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
三段に分かれる滝の最下段の滝:斜瀑、落差:約20m(目測)、落ち口:2m(目測)
捩れて斜めに流れ下る優雅な姿です。近くからは上段・中段は見えません、滝壷:あり
全景
後でわかったのですが
もう少し下がると上段と中段が垣間見えるようです
滝の右岸から
滝の正面から
滝の左岸から